マッチングアプリで会うまでのポイントと注意点|自信がない方必見

マッチングアプリで会うまでのポイント

マッチングアプリでマッチングしたら次に行いたいのはデートの約束。

マッチングしたは良いものの「会う約束をするタイミングはいつが良いのだろう?」「いざ会ってみてガッカリされたらどうしよう…」など悩みは尽きないもの。

この記事では、マッチングしてから会うまでのタイミングや、デートまでの注意点を解説していきます。

マッチング後の動きが分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

マッチングしてから会うまで平均2〜3週間!

会うまでの平均期間
マッチングしてから会うまでの平均は約2〜3週間だそうです!

あくまで目安ですが、だいたいメッセージである程度どういう人なのか分かった上で会うか決める方が多いようですね。

Dineなどのデートを前提にしたデートアプリであればもう少し早い傾向にありますが、withやPairsなどのスタンダードなアプリではそれくらいを想定しておきましょう。

マッチング後1ヶ月なにもないのって脈なし?

メッセージを行なってから1ヶ月くらい経っているけれど、デートの誘いも何もないのって脈なし?と気になる方もいると思います。

脈なしというわけではありませんが、向こうが消極的な可能性があります。

じっくり1ヶ月間メッセージを重ねて会うか決める慎重派も中にはいるかもしれませんが、恋人持ちでただ単に暇つぶしのチャット感覚で使用している場合も否定できません。

会っても悪くないと感じた場合は、相手の誘いを待つのではなくこちらから誘ってみるのをおすすめします。

はぐらかしたり、会うことに積極的ではない場合は脈なしと考えても良さそうです。

会う約束をするタイミングは?

デートのお誘いをする際、どういったタイミングで切り出すのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

メッセージで会う約束のきっかけができれば良いですが、そうでない場合は共通の趣味や気になるトピックをきっかけにするのが良いでしょう。

例えば、プロフィール欄を見て映画が好きとの表記があれば好きな映画のジャンルを聞いて誘ったり、カフェ巡りが好きな場合は話題のカフェを提案する…などプロフィール欄にはデートのきっかけになるものがたくさんあります。

いいねをしてマッチングしたということは、何かしら自分にとってフックになるものがあったわけですから、いいねをしたきっかけからデートに誘うのも良いでしょう。

中には、「特に共通の趣味はないが、なんとなく良いと思ってマッチングした」ということもあると思います。

その際は、単刀直入に「今後お茶でもしませんか?」と誘ってみましょう。マッチングした時点でお互いそう悪い印象はないのできっと前向きに検討してくれるはずです。

会う約束をするかはプロフィールを参考にしよう

会う約束をするかはプロフィールを参考にしてみるのが良いでしょう。

人気マッチングアプリ、Pairsではプロフィール欄に「出会うまでの希望」を記載することができます。

「メッセージを重ねてから会いたい」と設定した人は少なくとも2週間はメッセージのやり取りをして、問題なさそうと思えば会ってくれるでしょう。

逆に「すぐに会いたい」と設定した人はマッチング後数回のやり取りで会うこともできるかもしれません。

相手の温度感に合わせたアプローチを行うことが重要です。

もし自分がすぐに会いたいタイプの人であれば、同じくマッチングしたらすぐに会いたいと思っている人を検索してアプローチするのをおすすめします。

少し怖いかも…実際に会う前の注意点

会うまでの注意点
「実際にマッチングアプリで知り合った人と会うのって少し怖いかも…」と思う方も少なくないのではないでしょうか?

確かに、プロフィールで大体どういう人かは分かっても、実際に会うとなると本当に安全か心配になりますよね。

特に、女性の場合は相手がヤリ目ではないかや、変な場所に連れて行かれないかなど怖い思いをしないか不安になると思います。

会うかどうか迷ったときは、デートプランを見直してみましょう。

いきなり夜にデートしようとしたり、自宅に呼ぼうとするなど人がいない場所を指定してくるのは注意が必要です。

また、後から友達を呼ぼうとするなども、警戒しましょう。その場のノリでお酒を大量に飲まされたりする可能性があるからです。

駅の近くや商業施設などもし何かあったときにすぐに逃げられる場所かどうかや、終電を気にせず解散できる時間帯かなどを今一度チェックしてみましょう。

もし相手がバーやドライブデートなど、すぐに逃げられないようなデートを提案してきたら断るのも手です。

会うのが億劫…誘われたけれど気が進まない時の断り方

誘われたはいいけれど、デートプランに不安があったりメッセージをやり取りしているうちに「なんかこの人違うな…」と思うことも。

会うのがちょっと億劫だと感じた場合はしっかり断るのをおすすめします。

マッチングアプリはほぼ全員が、同時進行で色々な人とメッセージのやり取りを行なっています。

期待を持たせるよりかはまだ脈がないことを示唆するのも優しさです。

メッセージをもう少し重ねてから判断したいと思った場合は「もう少し仲良くなってから」「仕事が忙しいので」など時間稼ぎを行いましょう。

そもそもデート内容に疑問がある場合は、こちらからプランを提案するのをおすすめします。文句だけ言って提案しない人だと悪印象を与えるので、お酒が苦手だからカフェにしませんか?など代替案を出しましょう。

そもそもメッセージがピンとこない場合は、あまり気が進まないことを正直に言うかフェードアウトするのも手です(あまり良くありませんが…)

あくまで、体調不良などを理由に断ると治ってからなど粘られる可能性もあるので、仮病は使わないほうがベター。

まだ会うのが怖い場合はビデオ通話もあり

いずれは会ってみたいけれど、まだ会うのが怖いという方はビデオ通話機能があるマッチングアプリがおすすめです。

Pairs・with・タップル・Omiaiはビデオ通話機能があります。

コロナ禍に配慮した新機能ですが、まだ会うのに抵抗がある方にとっても評判の機能です!

「まずはビデオ通話からどうですか?」などと提案してみましょう。

もしヤリ目や飯目の場合は、ビデオ通話なんて面倒だと思ってすぐに会える人に切り替えるので、要注意人物が寄ってこないのもメリットの1つです。

また、デートしたとして会話が弾む相手かどうかが分かるのも大きいですね!

「なんかビデオ通話しても盛り上がらないなー」と思ったら、きっとデートでも盛り上がらない可能性が高いのでフィーリングを確かめるのにおいてもおすすめです。

会う際、自分に自信がない人のための3つのポイント

自分に自信がない人のポイント
「会うは良いけれど、問題は自分の容姿を見てがっかりされないかなんだよな」「人見知りだしコミュ力ないからイラつかせそう」…など、会う約束をしても相手の問題ではなく、自分に自信がなくて会うのが怖い方は3つのポイントに注目しましょう。

  • プロフィールと似た雰囲気の服装にする
  • 相手のプロフィールをよく覚える
  • 緊張しすぎない

①服装はプロフィール写真と近いものにする

マッチングアプリで初めて会う場合は、とにかく無難に乗り切ることを念頭に置いておきましょう。

初デートだからと言って、普段着もしない流行の服をマネキン買いしたり、ハイブランドの一張羅を購入したりと背伸びするのは危険です。

極端な話、プロフィール写真が無地のTシャツにジーンズの男性が、会ってみたら派手な柄シャツをタックインして着物を羽織っているサブカルコーデで着たらびっくりすること間違いなしです。

プロフィール写真はあくまで自分のイメージ画像です。イメージとかけ離れた人物が現れたら当然戸惑います。

相手は自分のプロフィールの写真の雰囲気を見て、マッチングするか決めていることが多いため大きくイメージが離れた服装は避けましょう。

②相手のプロフィールを再確認

会う前は、相手のプロフィールを再確認しておきましょう。

相手の好きなものや趣味を再確認し、会話の中にそれとなく話題として提供できるとより会話も弾むことでしょう。

相手も自分のことをしっかり覚えておいてくれていたのだと好印象を与えます。

また、相手が入っているコミュニティをチェックするのもありです。どういうものが好きなのか、人となりも分かるのでチェックしておくことをおすすめします。

③過度に緊張しないあくまで自然体で

最後は、あまりにも緊張しないことです。

過度に緊張してしまうと向こうにも緊張が伝わってきて会話が上手く弾まない可能性があります。

そうは言っても、初デートだし相手が本命であればなおのこと緊張しますよね。

緊張するなと言うのも無理がありますが、マッチングできたこととメッセージでデートの約束を取り付けられた段階で第一関門と第二関門は突破しています。

少なくとも「あなたに会ってみたい」と思ってくれたのは間違いないでしょう。

そこはしっかりと自信を持って普段通りの自分でいることを意識しましょうね!

デートが盛り上がらないときの対処法

いざ会ってみたものの、デートが盛り上がらない…というのは得てしてあります。

メッセージはそれなりに盛り上がったけれど、デートしてみたら思っていた相手と違うことも。

もちろんそれは誰のせいでもないので、仕方がないことです。

会話が盛り上がらない可能性がある場合は、最初から今日はランチのみと決めておきましょう。

もしそれは取り越し苦労で、しっかり問題なく盛り上がった場合、お互い次また会いたいとなるのでそれはそれで良いでしょう。

また、映画とかプラネタリウムや美術館など極力話さないデートに切り替えるのも手です。

カフェなど自分たちから話題を提案しないと進まないものより、何らかしら話題があってそれについて話せるほうが心理的にも楽になるからです。

言い方は悪いですが、数時間無言で時間を潰せる上に観た映画の感想や作品の気に入ったポイントなどを話してお茶を濁せるので、行き詰まったときにピッタリです。

2回目の会う約束を取り付けるためのポイント


見事、初デートが好感触で終わった場合、2回目の会う約束も取り付けたいことだと思います。

『鉄は熱いうちに打て』の精神でデート中に次の約束を取り付けるのも良いですし、会話のやり取りから相手の趣味を深掘りしてリサーチした上で後日提案するのも良いです。

デートの会話中に「犬が好きなら今度〇〇にあるペットカフェに行ってみない?」「スポーツ観戦に興味あるならチケット取るよ!」など次の約束を提案するのも不自然ではありませんし、現時点でデートが盛り上がっているなら前向きに検討してくれるはずです。

リサーチはしたいけれど、後日だとフェードアウトが心配という方は「それなら評判が良いお店を調べておくから良さそうなところがあったら連絡するよ!」など連絡の約束を取り付けるのもおすすめです。

いずれにせよ、デートが終わっても連絡するというのは忘れずに伝えておきましょう。

あくまで2回目のデートは焦らずに

もし、1回目のデートの時に2回目の約束ができなかった場合も焦りは禁物です。

自分にとって相手が良いと思っても、相手が乗り気ではない場合もあるからです。

次で付き合う!雰囲気を良くする!など鼻息を荒くする気持ちは分かりますが、ぐいぐい行くのは避けましょう。

しつこいと思われてかえって逆効果になります。

相手も次のデートに乗り気な場合は相手から提案してくるので、あくまで「また時間があればお茶しましょうね!」くらいにとどめておきましょう。

書類審査を突破したとしても、面接で落とされることは往往にしてあります。

もし次のデートの誘いをしても、乗り気ではない場合は潔く諦めるのも大切です。

会話に自信がない場合は趣味が同じ人と会うのがおすすめ

「自分コミュ力ないからなあ…」という方は趣味が同じ人と会うのをおすすめします。

会話が苦手な方でも、趣味のことならまだ話せるという方は少なくなりません。

会話に自信がない方は趣味で出会えるマッチングアプリを利用してみましょう!

with

月額料金 男性:3,600円(税込)/月
女性:無料
会員数 320万人
男女比 6:4
年齢層 18-29歳
利用目的 恋活・婚活

withは性格診断に基づいたマッチングアプリです。

いくつかの心理テストに答えることで、自分の恋愛の傾向や性格が分かり、自分と性格の相性が良い相手を紹介してくれます。

性格診断は何種類もあるので、全て参加することによってより相性の良い相手と出会うことができます。

同じ価値観を持っている人と出会いたいという方におすすめです!

また、withには好みカードという『自分の趣味や性格、恋愛観などを設定できる機能』があり、好みカードを使うことで同じ趣味の人を探すことができます。

「漫画が好きです」「カフェ巡りをするのが趣味」などのカードを設定することで同じ趣味の人とマッチングしやすくなります。

同じ趣味を設定している相手は「あなたとの共通点」に表示されるため、共通点が同じ人にアプローチしてみましょう。

Pairs(ペアーズ )

月額料金 男性:3,590円(税込)/月
女性:無料
会員数 1,000万人
※2012年10月〜2019年1月までの累計会員数
男女比 7:3
年齢層 20-30代前半
利用目的 恋活・婚活

Pairsは会員数が1,000万人以上の大手マッチングアプリです。

コミュニティの数も14万件以上と国内最大級。気がある人がきっと見つかるのではないでしょうか?

コミュニティは検索して入ることもできますが、自分に合ったコミュニティがない場合は作成することも可能です。

ですので、今流行りの漫画やアニメ、スイーツなどの旬のコミュニティもどんどん出来上がります。

なかなかリアルでは出会えないニッチな趣味を持っている人でも、Pairsなら出会えるかもしれませんね!

ちなみに、Pairsの公式コラムによると、マッチング率80%以上の会員の参加コミュニティ数は男性で平均21個、女性で平均20個とのことなので、参考にしてみてくださいね。

場数を踏みたい場合はデートアプリを使おう

とにかくデートの場数を踏みたいという方はデートアプリを使うのがおすすめです。

デートアプリとは、デートを前提とした機能があるマッチングアプリのことです。

もちろん、デート倶楽部とは全くことなるものなので、デートしたからと言って別途料金が加算されることはないのでご安心ください。

Dine

月額料金 男性:6,500円(税込)/月
女性:6,500円(税込)/月
会員数 不明
男女比 6:4
年齢層 20-30代
利用目的 遊び・恋活・婚活

Dineは、デートを前提としたマッチングアプリです。

マッチング直後にメッセージのやり取りなしでデートの予定が立てられるので、まずは会ってから相性を確かめたい方におすすめです。

また、Dineのプロフィールでは行きたいお店をいくつか設定し、気になる相手が設定しているお店に誘うことでアプローチすることができます。

デートスポットは、Dineのアプリで紹介されているものから選べるので店選びに自信のない方でもご安心ください。

デートしたいお店のカードを上に投げると、相手にデートのオファーが送られます。

見事承認されたらデートの日程をセッティングします。デートの日程は昼か夜か選べるので、最初は昼に設定するのをおすすめします。

また、マッチング後はデートの日程調整機能が搭載されているので、いちいち相手との日程のすり合わせを行なったりわずらわしい駆け引きを行わなくていいのがメリットです。

CROSS ME

月額料金 男性:4,200円(税込)/月
女性:無料
会員数 75万人
男女比 6:4
年齢層 20-30代
利用目的 遊び・恋活・婚活

CROSS MEは、位置情報を利用したすれ違い機能が楽しめるマッチングアプリです。

位置情報をオンにすれば、近所でCROSS MEを使用している人が表示されるので、そこからマッチングすることができます。

すれ違い機能が機能する距離を選べたり、特定の場所では位置情報をオフにするなどで住んでいる場所を特定されることはありません。

CROSS MEは「今日デート」という機能があり、そちらを使用すると今日会える人を探すことができます。

シチュエーションや会う時間、食べたいものなど細かく決めることができるので、条件が合えばその日のうちに会うことができちゃいます!

また、「今日デート」は複数人で会うこともできるので、色々なシーンで使うことができます。ぜひ1対1でも複数人でも盛り上がりたい人は使ってみてくださいね!

マッチングアプリでのデートを成功させよう!

マッチングアプリでマッチングしてから会うまでのタイミングや、デートまでの注意点を解説しました。

初対面の人とのデートは緊張するものですし、不安や悩みも尽きないもの。

しかし、マッチングしてデートの約束ができたということは、悪い印象は与えていないということなので自信を持っても良いのではないでしょうか?

しっかりデートの準備をして、マッチングアプリでの恋活・婚活が成功することを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。