ツイッターの出会い方!デメリットと危険性も理解しておく必要あり

ツイッターの出会い方!デメリットと危険性も理解しておく必要あり

10代から90代まで幅広い年代の人が利用しているツイッター。実はSNSで出会い、結婚までいったカップルも多いんです。かくいう私も、ツイッターで知り合った男性と実際にお会いしたことがあります。

しかしツイッターの出会いは、「本当に彼女が出来るのか?」「危険はないのか?」と気になることを挙げるときりがありませんよね。そこでこのぺージでは、ツイッター歴10年の筆者が「ツイッターの出会い」について詳しく紹介していきます!

最初に結論を言うと、ツイッターで彼女を作ることは不可能ではありませんが、かなり効率が悪いです。時間をかけて仲良くなったのに、結局会えなかったということもありえます。

また、もし出会えても面倒ごとや事件に巻き込まれる可能性もあります。本当に可愛い子と安全に出会いたかったら、登録に身分証明が必要なマッチングアプリがおすすめです。

ツイッターで本当に出会えるのか?

ツイッターで出会う人は意外と多いと紹介しましたが、それは本当でしょうか?実際に調べてみると、2019年12月放送の『新婚さんいらっしゃい』(朝日放送)に出演した夫婦も、出会いはツイッターでした。

また結婚までいかなくても、ツイッターで出会い付き合ったことがある人は多いです!ツイッターで女の子と出会うことは可能!

ツイッターで出会うメリット

ではツイッターで出会うメリットは何があるでしょうか?以下の3つが挙げられます。

  • 無料で使える
  • たくさんの女の子が利用している
  • 同じ趣味の人と仲良くなれる可能性がある

無料で使える

まず、ツイッターの1番目のメリットは無料で利用できるという点があります。マッチングアプリだと月3000円ほどかかるので、意外と痛い出費になります。

たくさんの女の子が利用している

またツイッターは国内だけで月間4500万人以上が利用しています。(出典:ツイッターJapan

男女比は不明ですが、とにかく沢山の女の子が利用しているとことはツイッターを開けば一目瞭然です。

同じ趣味の人と仲良くなれる可能性がある

さらにツイッターは同じ趣味の人とハッシュタグなど通じて相互フォローの関係になることで、同じ趣味の女性とオフ会できる可能性があります。

趣味が同じだと話が弾みますからね!一緒にオフ会やイベントに参加し、距離が縮まりカップルに…という流れもありえます。

ツイッターで出会うデメリットと危険性

しかしツイッターでの出会いにはデメリットや危険性も多いです。

出会えない可能性が高い

ツイッターはあくまでコミュニケーションツール。繰り返しますが、マッチングアプリではありません。利用者の中には情報収集をしたい、情報を一方的に発信したい、承認欲求を満たしたいという人もいます。

そういう女性にアタックしても、時間を無駄にするだけです。女性と仲良くなったからといって、実際に会えるとは限らないわけですね。

出会いが欲しい女性が集まるマッチングアプリに比べると、ツイッターで出会いを探すのはかなり効率が悪いといえます。

嘘を見抜く方法がない(ネカマの可能性がある)

ツイッターは13歳以上であれば、誰でも利用が可能です。個人情報の登録は必要ありません。そのため、気になった女性には彼氏がいたり、そもそも女性だと思っていたひとが実はオッサンだったという事もありえます。

せこせこアタックしていた女の子が、実はただのオッサンだったなんてショックですよね。また承認欲求を満たすために、彼氏がいるのにいないフリをしている女性もいます。相手のいう事が本当か嘘か、確かめる術はありません…。

事件に巻き込まれる・犯罪者になってしまう可能性がある

またツイッターをやったことがある人はよく知っているかと思いますが、ツイッターには見るからにヤバイ人、ビジネスの斡旋、メンヘラも星の数ほど潜んでいます。

ちょっと呟いただけで上げ足をとったり、怪しいビジネスに勧誘してきたり…。出会いを求めてツイッターを利用していると、面倒ごとに巻き込まれる可能性もあります。

例えば気になった女性と会ってみると未成年だった、ということも。

女子高生など未成年と会った場合は誘拐罪で逮捕、または相手の親に通報され社会的に死ぬ可能性もありますよ

出典:小学生がツイッターで異性と「出会う」時代に わいせつ鹿嶋市議逮捕で明るみに出た「実態」

さらに待ち合わせ場所にノコノコ向かうと、美人局に合い金品を奪われる事件も実際に起こっています。自分は被害に合わないと思っているかもしれませんが、実際に被害にあった男性も同じことを思っていたでしょう。

また被害にあった理由が後ろめたいためものなので、警察に通報できない男性も少なくないようです。

写真を晒される可能性もある

ツイッターでは「#出会い」「#オフパコ」「#裏アカ女子」などのハッシュタグを付けて、出会いを募集しているアカウントが多いです。しかしそれらは、悪質な出会い系サイトに誘導するためのアカウント。実際に出会うことはできないので、騙されないようにしましょう。

それだけでなく、ツイッターには出会い目的の男性を騙して、無人駅に呼びつけ笑いものにする人もいます。そんなのには騙されないと思っていても、「もしかしたら本当に会えるかも…」と諦めきれず、結果騙されちゃう男性もいるようです。

そもそもツイッターは出会い系アプリではありませんからね。デメリットの方が大きいです。

ツイッターで出会う方法を暴露

危険性は理解しつつも、やっぱり無料で趣味があう人と出会いたい!という人もいるでしょう。そんなあなたのために、「ツイッターで出会う方法」を紹介します。

大切なのはがっつかないこと。恋人ができたらいいかな、くらいの気持ちで挑まなければ即出会い厨と認定されて警戒されるか、アカウントとメッセージ内容を晒されます。

アカウントを育てる

ステップ1は、アカウントを育てること。すでにアカウントを持っており、知人と繋がっていない場合はそれを利用してもいいですし、新しく作り直してもいいでしょう。

アカウントが用意できたら、フォロワーを増やし、興味のあることや趣味に関することをツイートしていきます。なぜそんな面倒なことをするかというと、呟きが少なく、フォロワー数も少ない人は信用できないからです。

女性は基本的に、信用できない人と仲良くなりたいとは思いません。なので、まずは「ちゃんと使用しているアカウント」であることが第三者にも分かるように、趣味について呟いたり、興味のある公式アカウントや有名人をフォローしていきましょう。

プロフィールをしっかり書きこむ

ステップ2は、ツイッターのプロフィールをしっかり書きこむこと。このプロフが適当だと、どんな人物か分からないためフォローをしない人もいます。

相手のプロフを確認し、出会い目的や文章がテキトーに書かれていたらフォローしません

プロフを書くときのポイントは、年齢(大雑把な年代)どんなアカウントか身分(職業など)をアピールすること。最低限この3つを埋めれば、あなたの人物像が掴みやすくなります。画像は趣味や仕事、興味のあるジャンルに関するものを選ぶとグッド!

有名人の画像を使用するのは著作権的な意味でも避けた方がいいでしょう。

フォロー、リプライで仲良くなる

ステップ3は気になる人をフォローし、リプライで仲良くなること。ポイントは共感を得ること、何度もリプライしないことです。

ツイッターをしていると、聞いてもいないのに自分の意見を言ってくる人がいます。アドバイスのつもりなのでしょうか、そういうアカウントはミュートかブロックしちゃいます…。

またツイートする度に、共感のリプライを送るのもNGです。しつこい男と思われたり、何か裏があるのでは?と疑われてしまいます。

DMでさらに中を深める

リプライで言葉を交わすようになったら、DMで個別にメッセージを送ってみましょう。もちろん急に会いましょう、好きですと告白するのはダメですよ!

まずは相手の興味があるジャンルの最新情報や、共通の趣味を話題にするのがベストです。

また仲良くなれたとしても、個人情報を聞き出すのは待った方がいいかもしれません。せっかく仲良くなれたのに、出会い厨のレッテルを貼られ、ブロックされる可能性もありますからね。

もし気になる女性と会いたいならDMで提案するか、別のコミュニケーションツールを使いましょう。会う場合はカフェやレストランではなく、お互いの趣味に関する場所に誘うとOKが貰いやすいですよ!

あまりしつこいとDMを晒されるかもしれません。引き際は心得ておきましょう。

まとめ

  • ツイッターで自然に恋人が出来た人もいる
  • しかし出会い目的で利用するのは効率が悪い
  • 面倒ごとに巻き込まれる危険性もあり

ツイッターで出会うメリット、デメリット、危険性について紹介しました。やはりちゃんとした出会いが欲しいなら、相手の顔や年齢、雰囲気が分かるマッチングアプリが最適ですね。