マッチングアプリで告白は何回目のデートがベスト?カップルになるまでのポイント解説

マッチングアプリで告白は何回目のデートがベスト?カップルになるまでのポイント解説

マッチングアプリを使う目的って様々だと思いますが、彼氏・彼女が欲しい!という恋活目的で利用している人も多いのではないでしょうか。

出会いがないけれど恋人が欲しいという人にマッチングアプリはオススメ。

自分の希望する条件に合っていて、タイプの異性にピンポイントにアプローチできる点は自然に出会いを待つよりも効率的です。

実際にマッチングアプリを使った筆者の体験談も交えて解説します。

マッチングアプリで付き合うまで何人と連絡・会ったか

マッチングアプリのメリットとして、複数の異性と同時進行でやりとりができる点。

実際に付き合うまで私も何人か並行してやりとりをしていました。

やはり、マッチングアプリでの出会いは相手との信頼関係が築けるかが重要ですし、どんな人かわからないので複数の異性とマッチングすることで比較もできます。

けれどだいたい頻繁にメッセージのやりとりをしている人は、筆者の場合5人くらいでキャパオーバーになりました。

もちろん、連絡頻度は人それぞれで1日1通来るかどうかの人もいれば、毎日5往復以上する方もいるのでメッセージ頻度は相手に合わせていました。

メッセージを重ねるごとに「この人ともっと話したい!会ってみたい!」というように、だんだん差別化されていきます。

正直、5人以上とやりとりをしても選びきれなくなります。

選択肢が多くなると、自分にとって何が必要かがわからなくなりますよね。

やりとりは、多くても5人くらい。手駒がなくなれば新たにマッチングするという流れ

マッチングアプリで告白は何回目のデート?告白までの期間

告白までの期間について、何回目のデートなら告白が成功するよとは言い切れません。

人それぞれペースがあるので、2回目のデートで成功する場合もあれば3ヶ月くらい根気よくデートを重ねてやっと成功するという場合もあり得ます。

一般的には3回目のデートなんて言われますよね。

まずは、3回目のデートで告白できる状況に持っていけるか目標にして相手の出方によって臨機応変に動くのが◎

何歳までに、あの子より先にって焦る気持ちもわかるけど、やぱタイミング大事だし焦って失敗して取り返しつかなくなるよりも、
遅くなってもいいから時期は見極めた方がいいんじゃないかな — もも@婚活マッチングアプリ (@lovemomo903) November 6, 2019

マッチングアプリで告白する時のポイント

初回アポまでは行けても2回目のアポに繋がらないという人、多いと思います。

そう、マッチングアプリで付き合うまではやはり2回目のアポに進めるかが重要。

メッセージを重ねて実際に会ってみて答え合わせが1回目のアポ。

そこでふるいにかけられるかどうかなので、個人的には正直2回目に進めれば付き合える可能性はかなり高くなると思っています。

どのように2回目のアポにつなげるか

とは言え・・・マッチングアプリで何よりも難しいのは2回目のアポに繋げることではないでしょうか。

1回目アポに期待を膨らませて挑んだとしても、実際に会った相手が抱いていた印象と全く違ったりこっちからフェードアウトしたくなる時も・・・。

アポしてみて想像通りだった、印象がさらに良くなったという相手は当然絶対にもう一度デートしたい!と思いますよね。

2回目のアポにつなげるためには、初回デート中に次のデートの約束を取り付けられるかがキモ。

だいたい初回アポはカフェや食事デートが多いと思いますが、そこでは主にやりとりしていたメッセージの内容の延長の話をすると思います。

そして、2回目のデートは初回アポのような食事ではなくどこかお出かけしたいですよね!

そのためには、場所に関する話題を引き出すのがコツ。

「こないだ言ってた映画、今週公開ですね!一緒に観に行きましょうよ!」 「実は、次のハマスタのチケット持ってて一緒に行きませんか?」

共通の趣味があれば誘いやすく、相手も乗ってくれやすいです。

ここで重要なのは、その場で次の日程を決めること。

「今度〜」というスタンスでは、その今度は一生来ません。社交辞令感もありますよね。

初回アポで2回目打診に失敗した

初回アポでなかなか話題を引き出せず2回目に誘えないままアポ終了してしまう場合もあります。

でもまだ大丈夫!!

メッセージでも誘えるチャンスは十分ありますよ!

昨日はありがとうございました! 本当は昨日お誘いしたかったのですが、もう一度〇〇さんとお会いしたいと思い・・・ よければ、昨日お話ししていた映画一緒に観に行きませんか?!

という感じで送ってみてはどうでしょうか。

周りくどくなく、「もう一度会いたい」とストレートに気持ちを伝えるのが肝心です。

下手に当日誘えなかった言い訳したり、見栄を張るような内容はかっこ悪いので避けて!

誠実な内容ならきっと次のデートに繋がります。

女性は、受け身でデートに誘って欲しいという人の方が多いため、「あなたに興味がありまた会いたい」と思っていてもお誘いを待つ傾向にあります。

「女性側から誘われないから、僕に興味がないんじゃ・・・」と思うかもしれませんがそんなことはありません。

女性は、興味ない男性は即フェードアウトします。

メッセージの返信なんてしないし、なんならブロックする場合も。

しかも、男性よりも駆け引きをしようとする傾向にあるので、確信がもてるまで気持ちを隠すのが女性の傾向。

やはりマッチングアプリは女性の方が会員数が少ないこともあり、女性の方が多くの男性とマッチングをしています。

その分アポにいける回数も多いですし、一人ダメでもすぐ次にいけるという担保があります。

そのため、興味がない男性に対してすぐフェードアウトしてしまうのです。

本当に既婚者・彼氏、彼女持ちじゃないか確認

マッチングアプリでの出会いで女性が警戒するのは、

  • ヤリモク
  • 既婚者
  • 詐欺・業者(投資・ネットワークビジネス勧誘)

マッチングアプリで付き合いたいと思っている女性は、ヤリモクと既婚者には特に警戒しています。

恋人が欲しいと思ってマッチングアプリをやっているのに、相手は付き合う気がない・既婚者が遊びで登録していた・・・なんてことが分かればかなり傷つきますよね。

こっちは本気なのに・・・普通にひどい。

男性側も同様で、女性に本当は彼氏がいるんじゃないか、既婚者や業者じゃないか不安ではないでしょうか。

本当に付き合いたいと思うのなら、女性側が安心できるようにまずは自分から誠意を持って接することが大切。

疑いすぎはよくないですが、付き合う前に本当に既婚者じゃないか・彼氏彼女がいないかお互いに確認した上でお付き合いスタートした方がGOOD。

アプリは出会いのきっかけに過ぎない

マッチングアプリで付き合うとはいえ、出会ってしまえばその先は自然な出会いから恋愛に発展した場合と変わりません。

ただきっかけがマッチングアプリだったというだけですからね。

なので、上手くいかなくてもアプリのせいにはせずどうしたら次の恋に活かせるか・自分に足りない部分はどこか考えるのは必須。

外見だけではなく、内面も自分と向き合うことでお付き合いに発展する女性に出会えるのではないでしょうか。

マッチングアプリで告白まとめ

アプリを使って付き合いたいのなら、アプリ選びも重要ですが先述したようにマッチングアプリは出会いのきっかけに過ぎません。

アプリを使っても付き合えないと文句を言うのはアプリではなくあなた自身に問題が合ったからでは??

マッチングアプリは恋人を作るためのお手伝いをしてくれるツールの一つであることを理解した上で上手に活用をしましょう。