【男女共通】マッチングアプリでモテる写真の撮り方5選|プロに頼むべき理由も

マッチングアプリでモテる写真の撮り方

「マッチングアプリを使ってもなかなか出会えない」という方は、写真の質を高めるのがおすすめです。
写真の質によって、同じ人でももらえるいいね!の数が大きく変わるからです。

ただ、どういった写真が異性にウケるのか自分ではわかりませんよね。
そこで、この記事ではマッチングアプリでおすすめな写真の撮り方やプロを利用するべき理由、載せたくない場合の対処法などを解説します。

マッチングアプリでは写真がもっとも大事

マッチングアプリでは写真がもっとも大事です。
なぜなら、異性の検索画面やいいね!を送った画面で一番大きく表示されるからです。

写真の表示のされ方

このように写真が良くないと、異性からいいね!を送られにくくなってしまいます。
さらにいいね!を送っても、マッチング率が下がってしまうのです。
中にはタップルやTinderのように、画面いっぱいに異性の写真が表示されるマッチングアプリもあります。

  • 「写真を載せると悪用されるかも」
  • 「知り合いに見つかってしまうかも」

このように不安を感じる気持ちはわかりますが、写真を載せないとなかなか出会えません。
どうしても載せたくない場合、後述する「マッチングアプリで写真を載せたくない場合」を参考にしてください。

【男女共通】マッチングアプリの写真の撮り方

マッチングアプリは写真が重要ですが、だからといってどんな写真でも良いわけではありません。
写真のポイントは5つあります。

  • 自分の顔がはっきりわかるように
  • 表情は自然な笑顔
  • カメラから遠すぎず近すぎない
  • 清潔感のある服装・背景を心がける
  • 枚数は3枚以上がおすすめ

これらをすべて踏まえて写真を設定しましょう。
それぞれ解説します。

自分の顔がはっきりわかるように

もっとも大事なのが「はっきり顔を写す」という点です。
顔を写していないと、異性から良くない印象を抱かれてしまうからです。

たとえば、このように思われる可能性があります。

  • 既婚者なのかもしれない
  • 不誠実だ
  • こちらは写真を載せているのに不公平だ

個人的に調査した場合でも、「顔写真がない場合」と「顔写真がある場合」を比べれば、後者のほうが「5倍マッチング率が高くなる」とわかっています。

マッチング率の差

自分に自信がないと、「後ろ姿にしよう」「マスクで隠そう」などと考えてしまいかねません。
しかし、このように顔を写さないとマッチング率がかなり下がってしまいます。
本気で婚活・恋活を成功させたいなら、できる限り顔写真を載せるようにしましょう。

表情は自然な笑顔

表情は「自然な笑顔」がおすすめです。
なぜなら、マッチングアプリはSNSではないからです。

SNSは「見てもらうこと」が目的であるため、いわゆるキメ顔やふざけた表情でも問題ありません。
一方、マッチングアプリは「会うこと」や「結婚・交際相手を探すこと」が目的です。
異性に自分の人となりを知ってもらうためにも、自然な笑顔で写真に写りましょう。

カメラから遠すぎず近すぎない

マッチングアプリの写真は遠すぎても近すぎても良くありません。
どちらも異性に良い印象を抱かれないからです。

いわゆる「ドアップ」だと、異性に圧迫感を与えてしまいます。
反対に遠すぎた場合、顔が確認できないため載せていないのと変わりません。
このように「顔」と「上半身」がわかる程度のサイズ感がおすすめです。

カメラからの距離

清潔感のある背景・服装を心がける

マッチングアプリの写真では、顔だけでなく背景や服装も大事です。
清潔感や爽やかさは、背景・服装によっても左右されるからです。

たとえばいくら美男美女でも、背景が汚ければルーズな印象を与えてしまいます。

背景の重要度

背景が綺麗でも、服装がシワシワだったり乱れていたりすると良く思われません。

写真を撮る際は、かならず背景・服装に気をつけてください。
綺麗にするだけじゃなく「個人情報が写っていないか」にも注意しましょう。

枚数は3枚以上がおすすめ

写真は3枚以上載せるようにしてください。
なぜなら、写真が多ければ多いほど「マッチング率も高くなる」とわかっているからです。

実際にマッチングアプリの人気会員を調べたところ、ほとんどが3枚以上でした。
個人的な調査でも、「写真が1枚」の状態と「写真が3枚」の状態なら、後者のほうが「マッチング率が2.6倍になる」とわかっています。

マッチング率の差②

ベストは5枚以上ですが、なければ3枚でも構いません。
できる限り1〜2枚は避けるのがおすすめです。

マッチングアプリの写真に困ったらプロに頼もう

中には「良い写真があまりない」という方もいますよね。
この場合、プロのカメラマンに依頼するのがおすすめです。
ここではプロのカメラマンに撮ってもらった人の口コミを紹介し、2つのメリットについて解説します。

プロに頼んだ人の口コミ
自分の魅力を引き出してくれる
異性に真剣さが伝わる

それぞれ具体的に説明します。

プロに頼んだ人の口コミ

真剣に婚活・恋活したい場合、プロに写真撮影を頼むのがベストです。
なぜなら、劇的に印象が良くなるからです。

口コミなどを調べてみても、効果を実感する人が非常に多かったです。
「効果が実感できた」という口コミを一部紹介します。

このようにプロのカメラマンに撮ってもらうことで「異性から好印象を抱いてもらえた」「いいねがぐんと増えた」と感じる方が多いです。
中には「Photojoy」というプロフィール写真専門のサービスもありますよ。

自分の魅力を引き出してくれる

口コミにもあったとおり、プロのカメラマンに写真を撮ってもらうといいね!数やマッチング率が上昇します。
プロのカメラマンは「被写体の魅力を引き出す専門家」だからです。

たとえば仲の良い友達に撮ってもらっても「そのままの自分」しか映し出されません。
しかし、プロのカメラマンは経験や技術が素人とは圧倒的に違うため、自分の魅力を2倍、3倍にも高めてくれるのです。

自分の魅力が高まると、今まで出会えなかった異性ともアプローチされたりマッチングできたりする可能性があります。
理想の相手に出会えるだけでなく、「こんな魅力があったんだ」と自分自身の新しい発見にも繋がりますよ!

異性に真剣さが伝わる

さらに、真剣さが伝わりやすいというメリットもあります。
どういうことかというと、異性に「プロに撮ってもらっているくらいだから、真剣に婚活・恋活しているんだ」と思わってもらえるのです。

実際に、プロに撮ってもらった写真に対して「誠実さ」を感じる方は少なくありません。

女性は「ヤリモクなどの危険人物を回避できる」というメリットもあります。
ヤリモクなどの危険人物は簡単に関係を持てる「遊び目的な女性」をターゲットにする傾向があるため、真剣な会員には手を出さないのです。

マッチングアプリのNGな写真の撮り方

マッチングアプリは1枚でもNGな写真があると異性に引かれてしまいます。
特にNGなのは、以下の3枚です。

異性が写り込んでいる
加工・修正しすぎている
男性は自撮りNG

これらは異性のウケが非常に悪いので注意してください。
それぞれ解説します。

異性が写り込んでいる

異性が写り込んでいる写真をアップするのは良くありません。
なぜなら、確実に嫌われてしまうからです。

具体的に言うと、こういった印象を与えてしまいます。

元恋人を吹っ切れていない
誠実ではない
細かいところの配慮ができなさそう

SNSの意見を見てみても、良く思わない人がほとんどです。

このようにスタンプなどで存在を隠すのも良くありません。
確実にバレてしまいますので、かならず自分一人が写った写真にしましょう。

加工・修正しすぎている

加工・修正もNGです。
なぜなら、異性のウケが悪いうえに時間の無駄になる恐れがあるからです。

まず、SNSの意見を見てみても、加工・修正しすぎた写真は異性の評判が良くないとわかります。

異性に引かれなかったとしても、会ったときに「写真と違う」と思われてしまう恐れがあります。
そうすると、やりとりしてきた時間や労力が水の泡になりかねません。
男性は有料会員の料金すら無駄になりかねないのです。

マッチングアプリは会うことが前提なので、加工・修正はしすぎないようにしてください。
ただ、暗い写真を明るくしたり個人情報となる部分をぼかしたりするのは問題ありません。

男性は自撮りNG

男性は自撮りもNGです。
その理由は、男性の自撮りは女性に好まれないからです。
SIRABEEの調査によると、20代・30代女性の4割近くが「自撮りをする男性に引いたことがある」と回答しています。

自撮りに対する印象

つまり、マッチングアプリに自撮り写真を載せると、4割近い女性から嫌われてしまう可能性があるわけです。

逆に現在、マッチングアプリのプロフィールに自撮りを載せている場合、友人やプロに撮ってもらった他撮り写真に変えてみてください。
それだけでマッチング率や女性からのいいね!が4割上昇する可能性がありますよ。

マッチングアプリで写真を載せたくない場合

中には「マッチングアプリに写真を載せたくない」という方もいますよね。
その場合、2つの対処法があります。

  • 自分の雰囲気だけでもわかるようにする
  • プライベートモードなどを使う

特にプライベートモードを使えば、知り合いなどに写真を見られることはほぼ確実にありません。
それぞれ解説します。

自分の雰囲気だけでもわかるようにする

写真を載せたくない場合でも、横顔や後ろ姿など「雰囲気がわかるもの」にしましょう。
「雰囲気が好き」と考えてアプローチやマッチングしてくれる人もいるからです。

具体的にいうと、こういった写真がおすすめです。

雰囲気でアピール

このような写真にすると、異性に自分の人となりや体型などを知ってもらえるため、会ったときに悪い印象を与えません。

一方、顔が写っていないとマッチング率やもらえるいいね数が下がります。
たくさんの異性と出会いたい方や効率的に婚活・恋活を進めたい場合、顔写真を載せるべきです。

プライベートモードなどを使う

「絶対に知り合いから見つけられたくない!」
このような方はプライベートモードを使ってください。
プライベートモードを使うと、こちらからいいね!を送らない限り異性の検索画面に自分が表示されなくなります。

さらに足跡もつかなくなるため、知り合いに見つけられることはありません。
その分、異性からのアプローチが完全になくなってしまうので注意してください。

基本的に、どんなマッチングアプリにもプライベートモードや同じような機能が備わっています。
ただ、別途課金やプレミアム会員の契約が必要になる可能性もあるため、公式サイトなどを確認しましょう。

まとめ

マッチングアプリの写真についてまとめます。

  • マッチングアプリは写真がもっとも大事
  • なぜなら、画面で一番大きく表示される部分だから
  • かならず自分の顔を写して、自然な表情で上半身まで写す
  • プロに撮ってもらうとマッチング率やいいね数が劇的に上昇する
  • 異性と一緒に写った写真や加工・修正しすぎている写真は載せない
  • 写真を載せたくない場合、プライベートモードを検討

「なかなかマッチングしないな」と感じた場合、今回紹介した写真を心がけてください。
写真を変えるだけで、今までの数倍出会いやすくなる可能性がありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。