非モテ女性が恋愛テクニックを使っても意味ない!逆にモテなくなる理由

非モテ女性が恋愛テクニックを使っても意味ない!逆にモテなくなる理由

男性に振り向いてほしいという非モテの女性は意外に多いかもしれません。

非モテ男性だった筆者から見た女性のイメージはブサイクな女性でも一応、男から声がかかるというもの。

しかし、女性から見たブサイクな男性は
のようなイメージがあるのか気になりますね。

筆者は、恋愛テクニックというものを使ったことがないですが女性版の恋愛テクニックがあり、それを使ったことがあると現在の筆者の奥さんが言っていました。

実際に、5万円で買ったという「情報商材」とやらを見せてもらいましたが本当に、メチャクチャですね(笑)

もし、恋愛テクニックという情報商材をあなたが買おうというなら、今回の記事を参考にしてから検討をしてみてはいかがでしょうか。

恋愛テクニックは意味がない

恋愛テクニックというのは、リアル店舗でも販売されているようですがネットでも高額な値段で取引されているのです。

ネットでも検索をすればたくさんの恋愛テクニックを見つけることができます。

ただ、男性バージョンの恋愛テクニックの指南書は筆者は女性の心を知らないので「そういうもんなのか」と納得してしまうでしょう。

いくつかの恋愛テクニックについては見たことがありほとんどが納得するしかない内容でした。

しかし、女性をターゲットにした恋愛テクニック指南書は笑ってしまうほど、メチャクチャです。

ということは、女性が男性バージョンの恋愛テクニック指南書を見ると笑ってしまうほどメチャクチャな内容なのかもしれません。

では、どういう部分が間違いであり意味がないのかを説明していきましょう。

間違いだらけの恋愛テクニック

女性をターゲットにした恋愛テクニック指南書の多くは男性の心理をくすぐる方法を記しているものが多い感じがします。

間違った恋愛テクニックについては以下のような感じです。

  • ほかの人に気があるフリ
  • デートの誘いは1回は断る
  • 初めてのデートは男に奢らせろ
  • 相手を試すような行為
  • わざと連絡しない

それでは、一つ一つ紹介をしていきましょう。

ほかの人に気があるフリ

好きな人に気を引きたいからと言ってわざと、他の男性と仲良くしてヤキモチを焼かせようという行為はやめたほうが良いです。

昭和の時代から、そういう恋愛テクニックがあったようですが今の時代を生きる男性は、自分に自信がない場合が多いのです。

さらに、面倒な女性とは関りを持ちたくない場合が多いので簡単にあきらめてしまう場合もあります。

他の人に気があるフリをする場合は自分に自信がある男性にだけしたほうが無難かもしれません。

自分に自信がある男性は、徐々に少なくなってきているのでこういうテクニックは意味がない場合が多くなってきています。

デートの誘いは1回は断る

デートの誘いを1回は断るという女性の間で謎ルールが展開されているようですね。

筆者が中学生くらいの時に女子に「付き合ってください」と告白をしたことがあります。

しかし、断られました。

筆者は、その時は諦めたのですが「本気じゃない告白」として女性から冷たい目で見られるようになったのです。

まあ、もともと「キモイ」とか言われていたので冷たい目で見られるようになっても何も変わらなかったですけどね。

デートの誘いを1回は断る恋愛テクニックはもっともそうな理由があるみたいですがそれは、勝手な都合から来た理由でしかありません。

逆に、何度も同じ女性に告白をするような男性はひょっとしたら、人に迷惑をかけても動じない人かもしれません。

筆者からすれば、何度も同じ女性に告白する行為は迷惑だと思うし嫌がられる行為だと思うのです。

女性から見れば、本気の告白なのかを試したいのかもしれませんが何度も同じ女性に告白をしても浮気をする男性は何度でも浮気をするのです。

なので、1回は誘いを断るという恋愛テクニックは本当に意味がないと感じます。

初めてのデートは男に奢らせろ

女性にお金を使わせるような男性は
相手を大事にしていないと、恋愛テクニックの指南書には書かれています。

筆者は、女性から「奢ってください」と言われなくても
誰であっても奢る人間です。

これは、見栄とかプライドとか
そういうものではありません。

筆者の場合は、貴重な時間を割いてわざわざ会いに来てくれるのですからそれに応えるために女性に奢らせていただいているのです。

女性が財布を出そうとすると筆者は慌てて「自分に奢らせてください」と言います。

やはり、筆者はプライドではなくむしろ感謝のつもりで女性の奢らせていただいているのです。

店から出てからお金を渡そうとする女性もいましたが「いえいえ、お金はお納めください」と無理にでも筆者は奢らせていただこうとします。

ただ、男性バージョンの恋愛テクニックには「初めてのデートで割り勘で女性の反応を見ろ」と記載されています。

これは、相手の女性の反応によってどういう女性なのかを見極めるためのテクニックです。

女性バージョンの恋愛テクニックでは「初めてのデートは男に、奢らせろ」ということなので男性の本気度を確かめるためだと思われます。

じゃあ、この2つの恋愛テクニックを実際にお互いが使った場合は恋愛は続かないということになりますよね。

つまり、男女ともに恋愛テクニックなんてゴミみたいなものだということになります。

相手を試すような行為

相手を試すような行為は、男性側の本気度を試そうという感じで試すような行動をとるのでしょう。

たとえば、夜中の21時に「今から会いに来て!」というのは無茶苦茶ですよね。

しかも、火曜日とかだったりすると「明日も仕事なのに」とそう思われる可能性が高くなります。

ほかにも、急に冷たい態度をとるという行為は確かに、相手を不安がらせることはできます。

そして、自分に気を引くこともできるでしょう。

ですが、何度も試すような行動をされるとやはり疲れてきますし面倒だと思ってしまうのです。

筆者も面倒な女性とは付き合いたくないですし連絡すらもしたくありません。

「試すような行動をしろ」というような恋愛テクニックがあるとすればそれを執筆した人は、自分に自信がなかったのでしょう。

言ってしまえば、恋愛テクニックなんてものは非モテの女性が「自分の理想」を書いているだけ。

少なくとも、筆者はそう感じますよ。

自分の気を引かせるような面倒な女なんて誰が恋愛対象として見るのか疑問です。

少なくとも、筆者がマッチングアプリで婚活していた時に自分に気をひかせようとする女性が現れたならすぐにでも、ブロックする対象になるでしょう。

わざと連絡しない

筆者がマッチングアプリで婚活をしていた時にたまにいたのが、いきなり連絡が途絶える女性です。

数分前まで、仲良くメッセージを送りあっていたのにいきなり、連絡が途絶えてしまいます。

まあ、最初は気になりますし不安になります。

「なにか、気の障ることをメッセージで送ったのかな?」とそういう風に考えてしまうのです。

筆者は、2日位放置していたのですが気になったので、メッセージを送りました。

なぜか、怒ったような文章でメッセージが返ってきたのを今でも忘れません。

いまも、その理由は謎のままです。

わざと連絡をしないという恋愛テクニックは面倒だと思われるだけなので意味がないといえます。

まとめ

恋愛テクニック指南書の多くは一般論が記されている場合もあるので参考になる情報もあるでしょう。

しかし、基本的には「あなたが置かれた環境は、どうなのか?」ということをしっかりと考えないと恋愛テクニックだけに頼っているとなかなか、恋愛につながりませんし結婚までたどり着けない場合が多いです。

たとえば、「男性は□□をすると喜ぶ」とか「男性は本能的に○○を求める」など

まるで、科学的根拠があるみたいな言葉ですが実際には、そういうものはありません。

「男性は1回でOKを出されると、冷める」という恋愛テクニックによく書かれている男性の本能らしきことがあります。

ですが、男性である筆者は1回でOKだされると喜んでしまいますが、冷めることはありません。

1回目で断られると冷めてしまいますのでこうした恋愛テクニック指南書がいかに役に立たないかがわかるでしょう。

なんでもかんでも、一般論やそれらしい言葉に当てはめるのは余りよくありません。

相手がどういう人間なのかを理解しようとするべきであり「男性は○〇するのが好きな生き物」と勝手に決めつけるのはダメなやり方です。